カテゴリー別アーカイブ: Sports

アガシが僕らにくれたもの


agassi2.jpg 全米オープン、ベンジャミン・ベッカーに破れたアガシがついに引退した。ずっと前から決まっていたこととはいえ、いざ事実を突きつけられると涙が出そうだ。初めてアガシを見たのは1992年のウィンブルドン決勝だったと思う。それまで全くテニスの知識はなかったにもかかわらず、度々相手選手(今なら分かるけどイワニセビッチ)が走る方向とは逆にショットを打ち返す金髪の男に目が釘付けになった。テレビで見てても見失うような速さのサーブを、体勢を崩しながらも相手コートのライン上に叩き返すショットは魔法のようだった。実際このウィンブルドンあたりからがアガシ全盛期の始まりだったと思うけど、もしもこの頃偶然にでもアガシの試合を見たことがある人は、みんな少なからずテニスに興味を持ったんじゃないだろうか。マッケンロー、ベッカー、ボルグなど、テニスの歴史で伝説と言われる選手はたくさんいる。そんなプレーヤーたちの全盛期の実力を比べれば、もしかしたらアガシはそんなに上位じゃないかもしれない。でも一番面白いゲームをするのは誰かと尋ねられたら、テニスファンならきっとアガシだと答えるはずだ。ベッカー以降ビッグサーバーがランキング上位を占めていた当時のテニス界で、彼らの高速サーブをさらに速いリターンで次々打ち返してエースを取ってゆく姿は爽快以外の何物でもなかった。革命と言ってもいい。とにかくどんな速いサーブを打っても通じないので、たまらずネットに出てくればエンドラインギリギリにトップスピンロブ、ベースラインで打ち合おうとしてもジリジリとコートの外に追い出されてドロップを落とされる、そんな多彩なショットに夢中になった。テニスの面白さを教えてくれたのは間違いなくアガシだった。あの頃アガシのゲームに出会わなければ二十歳すぎてテニスなんて始めてないだろうし、テニスの試合自体見ていないかもしれない。本気でお礼の手紙でも書きたい気分だ。 アガシが引退したということだけじゃなく、今年はここ数年の節目になるような気がする。まず注目したいのがナダルの強さ。フェデラーは確かに強いし、歴史上最強の選手かもしれない。でも去年からのナダルの成長を見ていると、この先1年ぐらいでランキング1位と2位が交代するんじゃないかという予感がする。あんまり好きな選手じゃないけど、あの脚力とスタミナは驚異的だ。そしてそんなあんまり好きじゃないナダルを個人的に倒して欲しいのは、キプロス出身のバグダティス。速いサーブとベースラインで打ち合う正確なストローク、ドロップやロブを多用するプレースタイルは見てて飽きない。 というわけで、誰かアガシのラストゲームとその前のバグダティス戦を録画してる人いたら貸してください。デジタル画質だったりすると最高です。お礼に飯おごります。これはほんとにマジなんでお願いします。

あの娘ぼくがロングシュート決めたらどんな顔するだろう


今年もウィンブルドンが開幕しましたが、みなさん夜更かししてますか?ついに引退を発表したアガシから目が離せませんが、とりあえず1回戦は突破して・・・・・え、なに?サッカー?まだやってんの?あ、そう。まあそれはそれとして、YouTubeでレジー・ミラーの動画をたくさん見つけたので誰にも頼まれてないけど紹介しときます。

まずはなんと言ってもこれ。95年のプレイオフセミファイナル、残り20秒で6点ビハインドの状態から8秒で8点取った伝説のミラータイム。ジャクソンからのパスを受けてクイックリリースで3P。パスミスしたボールを奪って2m後ろまで下がってまた3P。その後もらったフリースローを2本とも沈めて逆転。動画ではフリースローの場面は入ってませんが、この時スタークスが泣きそうな顔してます。

これはちょっとクオリティ低いけど、内容的にはけっこう好き。しかしこうしてあらためて見ると、ミラータイムの前ではディフェンスとかほとんど関係ないな。リリースするボールにさえ触られなかったらOKって感じで。こんなこと俺ごときが言うのもナンですが、ディフェンスがタイトに付いてた方がゴールへの集中力が高まる感じっていうのはなんとなく分かります。このディフェンスとか体が流れるのとかおかまいなしで決まっちゃうのがほんとかっこいい。スクリーンの使い方の上手さ、クラッチタイムでの勝負強さ、シュート成功数などの記録、全てにおいてもう2度と現れないであろうレベル。伝説のシューター。

全仏オープン総括


nadal2006.jpg みんなサッカーばっかでどうせ誰も見てねえだろうけど、せっかくだから今さら全仏のことを書いてみる。今回はなんといっても杉山がダブルスの決勝まで進んだのが嬉しかった。ハンチュコワがパートナーになってからはクリスタースと組んでた頃ほど勝てなくてランキング13位まで落としてるけど、試合を見るかぎりでは、まだまだダブルスが世界一上手いのは杉山だなと思った。ネット際のボレー・ボレーとか全部勝ってたんじゃないか?ベースラインからの打ち合いになるとハンチュコワも良い所があるんだけど、打ちあぐねた時に不用意にロブを上げる場面が目立った。まあでもかわいいから許すけどね。細いし足長いし顔もケツもちっちゃいし美術品みたいだもん。ちなみにハンチュコワのシューズが俺と一緒でちょっと嬉しかった。 そして男子の決勝はナダルとフェデラー。かたやクレーで59連勝中のスペシャリスト、かたやサンプラスを超えるとも言われるオールラウンダー。とてつもなく強い、けどファッショナブルさが全くないこの2人。それでもナダルは、靴下の長さが切ないほどダサいということを忘れさせる強さだった。あの運動量はちょっとありえないでしょ。ヒューイットをさらに一回りレベルアップさせたらナダルになる感じ。奇跡の60連勝で、こうなるともうクレーでナダルに勝てる奴はいないんじゃないかと思った。 女子決勝はクズネツワもエナンもそんな特別好きな選手じゃないので省略。でもエナンのシングルバックハンドはスローで見ると鳥肌が立つほど綺麗だった。俺ももっと握力があったらシングルにするのに。

SUCKER SOCCER


ビックリしました。何に驚いたって、サッカーのワールドカップ。スポーツニュースとか見ないから本気で知らなかったけど、もう始まっちゃってんの。テレビでワールドカップがどうとかってやってるのは知ってても、ほら、ああいうのってクリスマスのイルミネーションと一緒でかなりフライング気味じゃないですか。だから今年あるってことだけは知ってたけど、なんなら秋ぐらいかと思ってたよ。そんなのよりテニスの全仏とNBAのプレーオフのが気になるし。というわけで、今日はこんな世捨て人のようにサッカーのことを何も知らない俺が、知ってるサッカー選手を全て書いてみようと思います。みんな俺の無知を見て笑うがいいさ。ちなみに俺のサッカー知識を簡単に説明すると、世界のリーグとかは知ってます。セリエAとブンデスリーガとリーガエスパニョールと・・・あと日本がJビーフ?ぐらいだよね。検索とかズルしないで素で書きますんで、クイズ番組でのアイドルの回答並みにすごい結果になると思います。制限時間は5分です。あと、国とかは当然知らないです。じゃあスタート。

えー、ジダン、ロナウジーニョ、フィーゴ、アンジョンファン、えーとジーコ、マラドーナ、ペレ、クライフ、えーとやばい、もうやばい。あー・・・ロマーリオっていたよね?あと・・・アルシンド!あとは・・・うわ、まじ思い出せない。ベルセルクみたいな名前の人。えーと・・・・・・・ダメだ、違うの考えよう。じゃあ日本人で中村しゅんすけ、大黒、玉田?柳沢、中田、稲本、えーと・・・井原、福田・・・・・あ、思い出した!ビスマルクだ!あとは~チェホンマンじゃなくてロサンジンでもなくて、なんとかミョンボとかっていなかった?あ!サントス!あとカズ!ラモス!あーそれから昔サンフレッチェにいた後ろ髪長い奴誰だっけーって考えてたら5分経っちゃったよ!!あーもう、あ!あとトシ!掛川のトシ!

えー、というわけで、答え合わせの結果、23人(トシ含む)という成績でした。なんとかミョンボって言ってたのは検索したところホン・ミョンボでした。この結果を自己分析してみると、サッカーに全く興味ない人の平均値じゃないかなと思います。全然興味なくても20人以上答えられるっていうので、いかにメディアがサッカー情報を流してるか分かりますね。あ、ほんと笑っていいよ、馬鹿にしない程度なら。あとタイトルの文法おかしいよね。

成田童夢のテンションに馴染めない


我が家に分不相応なプラズマテレビがあるのはすでに自慢したんだが、もう1回だけ言わせてくれ。いや、ほんといいわ、でっかいプラズマ。オリンピックをハイビジョンで見てると、映像が綺麗だから全然興味ない競技でもちょっと面白いもん。それにしてもニュースで男子ハーフパイプの結果に「まさかの予選敗退」とか言うのやめてくんないかな。アメリカからX-GAME勢が出てくるって決まった時点でメダルなんか絶対獲れないし、上位選手が増えればそれだけ押し出されて予選厳しくなるのも分かってたんだから。ショーン・ホワイトもダニー・キャスもアンディー・フィンチも出て来ないワールドカップでいくら入賞したところで参考にならないし、本気の世界ランキング作ったら成田童夢なんかヘタしたら順位3ケタでしょ。童夢のたまにしか決まらない1080はX-GAMEじゃ2回入れないと大技でもなんでもないし、今井メロがオリジナルの大技とか言って勝手に名前付けたメローセブンとかいうのも伸身だからグラブできなくて点取れないし。だいたいメディアがあの兄妹にチヤホヤして「ワールドカップで優勝経験がある」とか言うから知らない視聴者が混乱して勘違いすんだよ。女子はX-GAMEで3位の山岡聡子が実質エースなのに。ていうかもっと正直言うとあの兄妹の頭悪そうな感じに馴染めねえよ。童夢は日本人以外誰もお前のこと知らない会場で客に拍手求めたり、トップより20ポイントも低い点数で倒れ込んだりすんなよ(お前なりに悔しいのは分かるけどさ)。メロはヒルズの前で変な自作のラップとかやめろよ。お前らがテレビ出てると、見てる俺がスベったみたいになるだろ。あいつらを見てると、親父がほんとはスノーボードが大嫌いで、スノーボードの評判を悪くするために育て上げた刺客にしか思えない。あ、あとメロはさんざんエンドースメーカーでモメといて、最終的に選んだのがロキシーて。初心者のアホOLがムラサキでキャッキャ言いながら選ぶ板っていうイメージあるんだけど。あーそれとNHKの解説の人、テンション低すぎるよ。客も一緒に楽しむスポーツなんだから、もっと盛り上げてくれよ。完全にミスキャストだよ。