カテゴリー別アーカイブ: 今月読んだマンガ

今月読んだマンガ2010/11


デトロイト・メタル・シティ(10)
ツイッターではアナルの話しかしないけど、実は真面目な人が描いてるんだとよく分かった最終巻。死ぬほどふざけた漫画なので、まさか前巻ぐらいからの流れが、ちゃんとした完結へ向けたものだとはさすがに全く気付かなかった。というか、こんなに普通にちゃんと終わるとは・・・。きっとナメた終わり方してんだろうなーと思って読んだので、逆に肩透かしだったぐらい。まさかDMCにこの言葉を使うとは思わなかったが・・・読後感が良い。
メイド諸君!
あーもうほんとに人間模様を描かせたら天才だなこの夫婦は。しかも得意のオタク心理描写、面白くないわけがない。実は登場人物にはほとんどリアリティがないんだけど、なぜだか展開には何の不自然さも感じないという不思議な作風。単純な「好き」だけでずっと一緒にいるのは難しいとか、まさかこの登場人物で説明できるとは・・・。まあなんせ面白い。漫画センス抜群。
エビスさんとホテイさん
同じくきづきあきら+サトウナンキもの。結局最後はなぜかレズビアンに落ち着くんだけど、こんな不思議な百合ものは珍しいのでは?相変わらず登場人物の設定にはリアリティがない。でもストーリーの流れや心の動きは素直に納得できて面白いし、軽く萌えの要素も成立させている。こりゃ途中で挫折したヨイコノミライも読んでみるかなー。
テルマエ・ロマエ(2)
マンガ大賞とった時は「ただの風呂漫画じゃない!」とか言われてたけど・・・おい!(良い意味で)ただの風呂漫画じゃねえか!もういっそこのままずっと風呂の話で進めてくれて一向にかまわない。毎回ちょっとした豆知識なんかを交えながら「問題発生→ルシウス悩む→ルシウスワープ→平たい顔族(現代日本人)の知恵→解決」の流れだけで10年ぐらいいけそうな雰囲気。現代の知識を過去に持って行って活躍するという意味では、実はJIN―仁―と一緒だったりもする。
おやすみプンプン(7)
毎回言ってるかもしれないけど、こうして続きを追って読むような漫画じゃないよな。全部揃ってから通して読まないと、プンプンのちょっと人より不幸に見えるけど実はそんなでもなかったり、ちょっと人より変わってるように見えるけど実はものすごく普通だったりするところが、しっかり伝わってこないような気がする。続きを追って読むだけだと、なんだか不幸漫画みたい。読み方が悪いよなー。
宇宙兄弟(11)
いやーほんとに面白いわ。宇宙飛行士としての実力はもちろんだけど、ムッタはそれよりも大きな人間としての魅力でみんなから支持され、押し上げられ、上へ上へ登って行って、その先に宇宙があるような感じ。優秀じゃないとなれないけど、優秀なだけでもなれない。宇宙にはもちろん夢があるんだけど、宇宙飛行士への夢も見させてくれる。読むといつもワクワクする。
うさぎドロップ(8)
あーやっぱこうなったかー。ダイキチの方からじゃないとは思ってたから、まあそうだろうなー。でもどうせこの展開やるんだったら、もっと中学生とかのころにしてほしかったなー。なんか今やると生々しいじゃん・・・。分かってたのにちょっとがっかり。最終的には「そんなころもあったけど・・・」的な感じでりんの結婚式とかで最終回迎えるんだろうか。
にこたま(1)
渡辺ペコの新作。この人のことはすごく評価してるんだけど、嫁に読ませたら「南Q太とかに似てる」と言われた。言われるまで気づかなかったけど、そうか、そういえば年齢的にもあのへんのフォロワーなのかも。でも南Q太や桜沢エリカ(岡崎京子は別格ね)のようにバブル時代の、それとは対照的な無気力感とかはなく、ただ自然に日常を、そしてそこに起こるちょっとしたハプニング描ける人だと思う。

今月読んだマンガ2010/10


高校球児 ザワさん(5)
高校野球あるあるとザワさんの素敵さ半々みたいな内容。バレンタインデーで完全にもらう側の意識しかなかったザワさんのエピソードもよかったけど、今回はなんといってもザワさんが同級生にモテた話が気になる。しかも全く自覚ないし。やっぱりザワさんの素晴らしさは、自分の魅力に無自覚なところだろうな。自分がちょっとかじっちゃったピクルスを「食べる?」とか言ってしまうあたり、そりゃ好意を持ってる楠本もモヤっとするわ。自分はみんなと同じ高校球児のつもりで、チームメイトもできるだけそのつもりでいようと努めてるんだけど、どうしても出てくる異物感が面白い。
世界の果てで愛ましょう(3)
くそ、あんなにこき下ろして二度と読まないつもりだったのにまた読んでしまった。べ、別に面白いなんて思ってないんだからね!ほんとに他に何も読むものがなかったから読んだだけなんだが、ほんとに読み終わってから後悔するレベルでつまらん。何も心に残らないし、こんなに作者の愛を感じない漫画も珍しい。完全にビジネスで描いてる感じ。ビジネスだからそれなりにサービスカット描いて、それなりに人気のある展開にしますよーみたいな。読んでて辛い。
オールラウンダー廻(4)
先月から若手作家や実験的な作品を読む機会が多かったので、こういうちゃんとした作品を読むと心から安心する。EDENの遠藤浩輝が描いてる写実的格闘技漫画。格闘技漫画が苦手なのはいつものことなんだけど、この作品には俺の苦手な「一番強いのは俺だ!」的な汗臭さや「この必殺技にはこういう科学的根拠がある!」みたいなバカっぽさが皆無なので、格闘技関係なく普通に漫画として楽しめる。ちゃんと男性キャラは親しみやすいし、女性キャラはかわいい。こういう普通のことを普通に描けるにはとんでもない才能と経験が必要なんだなーと改めて思った。
進撃の巨人(2)
各方面から絶賛されてたので読んだ。確かに面白いけど、少年誌に連載してるって事をちゃんと頭に入れてから読んだほうがいいかも。ちょっとだけだけど少年誌っぽさというか、青年誌ならこういう事言わないのになーみたいな部分もなきにしもあらず。ただ、巨人が迫ってきたときの緊迫感とかもうおしっこちびりそうだし、なにせ巨人の大きさが、がんばれば勝てるかもしれないけど普通に考えて戦意喪失するレベルのちょうどいい感じだったりするのが怖い。なんかこの後のストーリーうんぬんよりも、もう2巻までの巨人の怖さでけっこう満足。
お茶にごす(11)
全然読んでなかったのでまとめ読みした。今日から俺は!!の流れで読んだ天使な小生意気は途中でツラくなってやめたけど、今回はそれなりに楽しめた。西森はこういう不良漫画描くのが本当にうまい。そして、不良なのに全然悪いことをしない。なのにちゃんと不良として認識できる不思議。そのうえラストにはっきりした答えを用意しない。誰からも嫌われないタイプの漫画だよなーと思った。
うちの妻ってどうでしょう?(3)
なんか3巻になって急にみんなの評価が厳しくなってんだけどどうしたの?そんな悪くなってるかな?仕事机の物を妻が無くすというくだりで自分の潔白を主張する妻が「ちがうちがう」と手を振るときの効果音が「シュンシュンシュンシュン」だったのとかもう爆笑したんだけど。カラスヤサトシと同じく、収入が増えて生活が安定したらダメになる人かと思ってたけど、全然そんなことないじゃん。
喧嘩商売(22)
梶原が今に至るまでの流れというか、父を亡くして入江文学に挑むまでのお話がメイン。純粋に格闘漫画として面白いんだけど、ここ数巻全くと言っていいほどふざけてないので、毎回言ってるけど、そろそろ父親に激辛カレーを食べさせたり、そのフォローとして普通の萩の月にみせかけた激辛カレー入り萩の月を食べさせたりして欲しいところ。それにしても、日本刀って刀身を投げつけただけで腕が切り落とされるほど切れるもんなのか?
主に泣いてます(1)
さすが東村アキコ、面白い。すごく面白いんだけど、良くも悪くもいつもの東村アキコなんだよなー。今は本当に心から面白いんだけど、毎回5巻過ぎたぐらいから飽きてくる。できれば飽きる前に終わって次の連載に移ってほしいぐらい。いつもストーリー漫画の本筋部分もちゃんと進めてるのに、なぜかストーリーよりも「東村アキコっぽさ」が前面に出てくるので、頭の中でどの漫画も同じになっちゃう。この作品はそうならないといいな…。
ちはやふる(10)
読み始めて早々、同級生の優しい気遣いで泣く。ダメだ、俺この漫画読むとき無意識に泣く準備しちゃってる…。毎回同じようなこと書いてるけど、ほんと末次由紀はこの作品にかけてるな、と感じる。そして、その意気込みや誠意が読者にちゃんと伝わってるのが自分のことのように嬉しい。過去の悪行を絶対忘れないν速民でさえ、トレスのことより作品の面白さを語ってる。作者の本意じゃないかもしれないけど、勝手に千早と末次を重ねて読んでしまってる自分がいる。
のりたま(1)
ゆる~い雰囲気の、よくあるほのぼの漫画。とか言ってしまうともう他に何も書くことがなくなるんだけど、他の作品と比べてかなり絵が上手くて読みやすい。泣けもしないし笑えもしないし、正直この漫画を読んで心動かされるような部分ってほとんどないんだけど、だから逆にいつどんなタイミングでも読める。こういう漫画もあってくれると助かる。

今月読んだマンガ2010/09


スプライト(3)
いわゆるパニックもの。ある日突然「時間」という黒い水に世界中が飲み込まれ、超高層ビルにいた主人公たちだけが未来に連れていかれてしまう。たいていのマンガ読みはこういうタイプの漫画に目がないと思うけど、どうしても気になっちゃうのはやっぱりたたみ方。読んでるほぼ全ての人がドラゴンヘッドの呪いにかかってると言っても過言ではないので、この作品とアイアムアヒーローにはがんばって欲しい。
絶対女王政(1)
これ連載読んでたらそこまで感じないのかもしんないけど、コミックスでまとめて読むと、ヒロインの性格付けに裏を作るか、それとも普通のツンデレにするか作者が迷ってるように感じた。といっても、月刊ガンガンJOKERを毎月買って読んでる奴なんて稀だとは思うが。そんで結局ヒロインは何のひねりもなく素直クールになってるわけで。素直クール好きとしては手放しで褒めたいとこだけども、んー、やっぱ未熟だなぁ。
おおきく振りかぶって(15)
わーもう最高!予選敗退するのはまあ分かってたことでもあるので置いといて、それよりもチームの目標を統一するエピソードが最高。素直に「甲子園優勝」って言えちゃう人、言いたいけど分相応に収まっちゃう人、はじめからある程度無理だと悟ってる人。そういうみんなが集まって西浦というチームがあって、いろんな意見があるけど誰も間違ってないんだ、っていうとこまでの流れでもうすでにみんなの気持ちがひとつになってる。そしてそのうえで、でもやっぱり目標として目指すなら甲子園で優勝したい!ってところまでみんながちゃんと自分たちだけでたどり着く様は、オッサン読んでてニコニコしながらボロッボロ涙出てきた。最高だ。最高の作品だ。
岳 みんなの山(12)
山に関わる人たちのいろんなエピソードがいちいち心に刺さる。山に登ることと人生の壁を乗り越えることをうまくつなげた話が多いので、否が応にも感動させられちゃうってのもあるけど、もしかしたら作者がこじつけるまでもなく人生と山登りは限りなく似てるのかもしれない。牧さんと一緒にヘリに乗ってる青木のエピソードも最高によかった。
宇宙兄弟(10)
新田の素っ気ない態度の裏にある兄弟のエピソードがメインの巻。前巻がものすごくドラマチックだったのでどうしてもちょっとトーンダウンした印象があるが、おそらくこれも今回の訓練での巻き返しで大きく盛り上げてくれるんだと信じたい。あと、軽い悪役キャラとして(つってもこの漫画に悪いヤツなんていないけど)出てきた教官の「移動時間は無駄」っていうのが共感できすぎて微妙な気持ちになった。
のりりん(1)
なんらかのトラウマがあって自転車を極端に嫌う主人公とその友達、偶然出会った自転車大好き一家の娘との(今のところ)ドタバタ楽しいお話。今までの鬼頭莫宏からすると異色のテーマだが、作者が自転車乗りなのは知ってたので、まあそこまで驚くほどでもないかも。でもあれだぞ、油断は禁物だぞ。いつ輪ちゃんが担任の先生に売られてオッサン数人から輪姦されたり、自転車乗ってたらトラックにはねられてぐちゃぐちゃになったりしてもおかしくないんだからな!
ぢごぷり(2)
えー、これで終わりー?そりゃまあ現実ではこんなもんなのかもしれんけど、漫画的な盛り上がりやカタルシスはほぼ皆無だったなぁ。結局作者がやりたかったのは、昨今の脳天気な育児マンガへのアンチテーゼだけだったのか、自分の育児経験を何かの形で残したかったのか。どっちにしてもらしくないなぁ。らしくないといえば、この後はげんしけん再開とのこと。これもなー、うれしいような複雑な気持ちだよなー。
海月姫(5)
こういうの描いちゃうから東村アキコは侮れないんだよなー。奇妙なオタクの生態を、なぜかオタクの方の目線から愉快にお届けするだけの漫画なのに、いつの間にやらうまいこと少女漫画のフォーマットにきっちりおさめてくる。ふざけながらゆっくり進めてた本筋で、最後には「オタクって面白いしけっこうすごいんだよ!」みたいなメッセージまで放っちゃう始末。たぶん狙ってるわけじゃないんだろうな。天才だな。
ノノノノ(9)
さすが。エルフェンリートでもおなじみだった「無意味に人が不幸になる展開」はまだまだ健在。9巻まで引っ張ってからのエロシーンだったので、久々に一般コミックのエロシーンで興奮してしまいましたよ。これは即物的な北崎拓先生にも真似できまい。エルフェンリートは個人的にちっとも面白くなかったけど、この作品はまあまあ。なんだかんだで結局どうなるのか興味ある。
死がふたりを分かつまで(11)
予知能力を持っているために自身を狙われている少女が、その予知によって、自分を助けてくれて、かつ未来の夫になるであろう剣術の達人を見つけ出すところから物語が始まる。うーん、面白いんだけどなー、なんかがっちりハマれないんだよなー。中盤からただただ闘ってばっかで大筋がほとんど進んでないように見えるし、なによりタイトルがかっこよすぎて名前負けなんだよなー。
放課後のカリスマ(2)
ナポレオンや一休など、歴史上の偉人たちのクローンだけが通う学校が舞台のお話。今月はハズレ多いなー。とりあえず2巻までは読んだけど、ちょっともうお腹いっぱいで無理。作中の設定説明がものすごくダラダラしたり脱線したりまた戻ったりでなかなか進まない。で、その脱線が面白ければ救いもあるけど、どうしても未熟。設定は面白いのに残念。
今日のあすかショー(1)
いでじゅう!のモリタイシが描いたソフトな校内写生みたいな漫画。なんなんだこいつは。一体何がやりたかったんだ。全然面白くない。モリタイシの描く女の子はかわいいけど、それは絵がかわいいっていう単純なものじゃなくて、キャラクターとしての完成度なんだよ。だからいくらかわいい女の子がパンツ見せてても、それだけじゃ駄目なんだよ。リアクションに困る作品。

今月読んだマンガ2010/08


ハチワンダイバー(14)
なんかもうめちゃくちゃだな。柴田ヨクサルの悪ノリが出ちゃった感じ。最後は持ち直してストーリー展開に戻ったから次巻はなんとかなりそうだけど、あんまりぶっ飛ぶと俺ぐらいのライトな読者はついて行けないからなー。そこそこにしてちゃんとストーリー進めてくれよマジで。
アオイホノオ(4)
他の島本漫画とは違って、名言に泣いたり笑ったりっていうほどじゃないけど、さすが、これはこれで最高に面白い。半分自伝みたいなもんなのにこれだけ過去の自分の恥ずかしさをさらけ出せるのは素晴らしいなぁ。ほんと、見てるこっちが笑いながらもツラくなるぐらい、青春の痛々しさを感じる。ちゃんと成功してくれるんだろうか。頼むぞほんと。
もやしもん(9)
久々に直保の「菌が見えて会話できる」という能力が描かれた気がするけど気のせいか。普通だったらその能力のおかげでピンチを逃れる話とかあってもいいのに、ここまで一切そういうのないからなー。美里と長谷川さんの関係も、ぼんやりさせたまま引っ張るのかと思いきや、普通に他のキャラからからかわせたりしてるし、読んでて戸惑ってしまう。うんちく部分はネット上でもわりとよく言われてる内容だったので、いつもよりは理解できた・・・かな。
アイアムアヒーロー(3)
まだ風呂敷広げ始めなのがちょっと不安なんだけど、今のところ面白い。このパニックというか病気というか、そのものの正体も全く分かってないし、感染者(?)を倒す有効な術も分かってない状態なので、なんかとりあえず役者が揃うの待ってる感じだなー。どうせたたまないなら、思いっきり風呂敷広げるのもいいかもしんない。
喧嘩商売(21)
おおー!金田は結局後藤に殺されちゃうのかー。そして田島がトーナメントを主催。十兵衛ちゃん中心に格闘界が動いていくのかと思いきや、意外とそうでもなかっtりするのも面白い。しかし格闘技漫画でこんなに面白いと思えたのってエアマスター以来だな。ほんで、けっこう誰が勝ってもそれはそれで面白いってのがいいな。
ノ・ゾ・キ・ア・ナ(5)
先月「このSを、見よ!」読んでから、なんか久しぶりに半エロ漫画みたいなの読もうと思って挑戦してみた。うーん、やっぱりレベル違うなー。北崎拓ですら漫画としての面白さだけで言えばけっこうしょーもなかったりするんだけど、他の同ジャンル漫画読むと差は歴然だ。すんごいつまんなかった。

今月読んだマンガ2010/07


ハチワンダイバー(13)
なんだかもうよく分からなくなってきた。ハチワンシステムと、それを裏付ける作者の棋力、そしてなによりここぞという時の圧倒的なネーム力でゾクゾクしたり笑ったりの漫画だったと思うんだけど、最近はもうただ奇抜なだけに感じてしまう。登場人物たちが当初よりどんどん狂ってきてると思うのは俺だけか?もはやネーム力というよりは、変な人は変なこと言ってるだけにも思える。どこかでボタンを掛け違えた感。
高校球児ザワさん(4)
圧倒的なリアリティ(錯覚だけど)で面白い。大笑いも泣きもしないけど、続きが気になる漫画。高校球児の日常と非日常が同居した特殊な環境は、野球部出身だったり元野球部の友人がいたりすればかなり身近に感じられるほどリアル。女子がいた野球部に所属してた奴なんてまずいないだろうし、ましてやその兄も同じ部にいたなんて例は皆無だろうけど、もしそういった環境があったなら間違いなくこんな感じっていうのが完璧に描写されてる。
団地ともお(16)
毎回言ってるけど、みんないい子だなー。こんな子供いるわけないんだけども。そしてこの巻も相変わらず哲学的、なのに面白い。しかし、ゴルフの回とか全然ワケ分からんのだが、分かる人には分かる類のものなのだろうか?そんな変な回がある一方、ケリ子がモテたりするような分かりやすい回もあったり、ほんとこの漫画は掴み所がない。
モテキ(4)
ドラマが予想外にがんばってるモテキが完結。んー、まあそうだよねー、そうなるよねーって感じで。あえて奇抜なことをせず、流れにまかせたらこうなったって感じなので、これはこれでいいのでは?個人的にはいつかちゃん一択だったので、いつかちゃんが選択肢から外れた時点で正直どことくっつこうがそんなに興味がないというか、まあそのおかげで冷静に読めたような気もするんだけども。それなりに面白かったです。
デトロイト・メタル・シティ(9)
いよいよ次で最終巻か、胸が熱くなるな・・・。ブスとメールしてるうちにいい感じになって再会してみたけどやっぱりブスが我慢できなくてぶっ飛ばす回とか最高だった。なんでブスは一定の割合でアート系に逃げるんだろうか。自分をブスと自覚してるブスは可愛げがあるので友達になれるが、自分のブスから逃げて美大とか行っちゃうような奴はマジで嫌いだ。あいつらは自分のブスから一生逃げ続けてる。なんかもう、本筋とかどうでもいいから、ああいう誰も勇気が出なくてメジャーでやってないようなのを今後もやって欲しかった。以上、俺のブスへの偏見でした。
惑星のさみだれ(9)
アニマとアニムスの過去が語られ、アニムスが地球を砕こうとしている理由なんかが説明されてるんだけども、んー、ちょっとあれだな、普通だったな。急に突飛なこと言われても引いちゃうからこれでいいんだけど、もっとすごいこと考えてくれてるかと思ったので、少しだけ肩透かし。とはいえ、6巻の太朗と花子のエピソードだけで永久保存されるべき名作足りえているので、特に文句はございません。
少女ファイト(7)
「キャプテンやみんなの辛い思い出なんて私がバレーで殺します そんな過去が些細なことになる位置まで姉ちゃんが見た景色まで私がみんなを連れて行く そんでもっていい思い出に生き返らせる!私が!」過去の心の傷から自分を押さえ込んでいた練が、やっと自分を開放できたシーンで号泣。他者への善意や好意だって結局は自分のエゴなんだから、自分を押さえ込んでいたら誰とも交われない。そんなことを教えてくれるスーパー素敵漫画。全人類が読むべき。
このSを、見よ! クピドの悪戯(2)
子供の頃、自分のおしりにある変わった形のアザを幼馴染に笑われて以来恋愛に消極的だったが、ある日そのアザを大人の女性に見せると相手が自分に対して発情することを知った主人公のお話。いやー、ここまで中学生のエロ妄想を完璧に具現化してるといっそ清々しいよね。ほんで、この人エロ絵が以上に上手いし。ヤンジャンでやってたらもっと即物的なんだろうけど、スピリッツなので多少ひねってあって、そこがさらにエロさを増してます。
高杉さん家のおべんとう(2)
ひょんなことから年頃の女の子と同居することになってしまった主人公が、お弁当を通して少しずつ家族の絆を作ってゆく。ある意味で手垢まみれの設定の中で、あえて大げさな演出もなく、わりと淡々と日常を描いてて好感を持った。ただ、この派手さ皆無の演出は漫画読みにしか受けないよなー。そのくせくるりが温巳を好きになるとかいうベタな展開はしっかりなぞるんだもん。とりあえず続きを読んでみないことには。
世界の果てで愛ましょう(2)
異世界からやってきた王子を助けたら、気に入られて女にされちゃったー的なお話。この平成の世の中でまだこんなくだらない漫画があったとは、むしろ感動した。この人、前作はめぞん一刻のパロディみたいなの描いてた人だよね?オタク臭こそすれ、あれはここまではひどくなかったのに。こんなマンガで飯食ってることを親に知られる前にはやくやめた方がいいと思う。