カテゴリー別アーカイブ: News

俺が死ぬまで日本あるかな?


<自民総裁選>福田氏を選出 麻生氏に133票上回る 自民党の第22代総裁に福田康夫元官房長官が選出された。同党は23日の両院議員総会で、安倍晋三首相(自民党総裁)の退陣に伴う総裁選を行い、党所属 国会議員と各都道府県連の代表者による投票の結果、福田氏が330票を獲得。197票を得た麻生太郎幹事長を133票上回り、新総裁に選出された。任期は 安倍首相の残り任期となる09年9月30日まで。 福田氏は同日夕に就任記者会見を行い、幹事長をはじめとする党役員人事に着手。24日に幹事長など党の新役員を指名し、公明党の太田昭宏代表らとの政策 協議で公明党との連立政権維持を確認する。25日には国会の首相指名選挙を経て新首相に就任し、同日中の組閣を目指す。「福田新政権」の党役員・閣僚人事 が当面の焦点となる。 両院議員総会は午後2時から党本部で行われ、党所属国会議員(衆院304人、参院83人の計387人)各1票、47都道府県連代表各3票(計141票) の計528票(無効1票)で争われた。臼井日出男・総裁選管理委員長が開票結果を読み上げ「福田新総裁」誕生が決まった。 福田氏は麻生派を除く党内8派閥の支持を取り付け、国会議員票で優位に立った。地方票では、麻生氏が東京、大阪など都市圏や九州地方で健闘した。 福田氏は衆院当選6回(群馬4区選出)の71歳。故福田赳夫元首相の長男。00年10月、第2次森内閣の官房長官に就任し、続く小泉内閣でも官房長官を 務め、歴代最長の1289日の在任記録を作った。06年の「ポスト小泉」の総裁選では、同派閥の安倍晋三首相が出馬したため、立候補を見送った。 <毎日新聞> 学生の頃はほとんど政治にも環境問題にも興味なんてなかった。でも、たぶんそれは「いくらなんでも俺が死ぬまでは石油も枯渇しないだろうし、世界が滅亡したりすることもないだろ」っていう漠然とした安心感があったからだと思う。でもどうですか、今の日本を見てみて。今回福田が総裁になったのはもうしょうがない(この内閣はそんなに長続きしないだろうから、次を麻生さんにがんばってもらえばいい)と諦めてる人が多いけど、調べてみると福田の政策目標に「アジアからの留学生を100万人まで増やす」っていうのがあって、これが本当に怖い。この場合のアジアっていうのは当然中国と韓国が90%以上を占めるんだけど、現在の日本の大学生人口が250万人らしいので、この政策が実現したら日本の大学生の3分の1以上が中国人か韓国人になる。おそらく日本中が大阪みたいな犯罪率になりますよ。そんな中国人や韓国人が卒業後日本の社会に入り込んでくる。どんどん日本の人口における中韓の占める割合が大きくなってきて、いつかは「在日○年以上の中国人・韓国人に参政権を与える」なんて法案が通ることだって十分あり得ます。そんな世の中になれば、帰化した元中国人や元韓国人の政治家だって現れるでしょう。そういった政治家が力を持つようになれば、最悪50年後ぐらいには日本がなくなってることだってありえる。今の日本は、かるーく想像しただけなのに、容易に国が無くなる未来が思い描ける時代になってるわけです。俺は「自分ではフラットなつもりだけど、どちらかと言えば左寄りかもしれないなー」ぐらいの気持ちでいましたが、今の日本はマスコミが世論を左側にギュウギュウ詰めにしてるんで、こんな俺でもまるでネット右翼ですよ。ほんとどうなるんだこの国は。 一番痛かったのは、バブル崩壊以降の不景気じゃないかなと思ってる。国民がそれまでの生活レベルを維持するには労働条件を過酷にしたり労働時間を長くしなきゃいけなくなった。そういった流れと同時にマスコミの報道がどんどん偏ってきて、テレビや新聞だけ見てても正しい情報が得られなくなってきた。本当のことを知るには自分で調べるしかない不健全な時代なのに、富裕層以外の国民がみんな疲れてて、政治のことを考える以前に目の前の自分のことを優先せざるを得ないから、情報弱者がどんどん置いて行かれている気がする。はっきり言って、今の日本で政治のことを真面目に考えてるのは、自分の時間を多く持ってる富裕層(ものすごく上の方はまた別の利害関係があるんだろうけど)とニートという不思議な構造だ。インターネットや地デジで行った世論調査と、街頭や電話で行ったそれでは結果が大きく異なることが多いのはそのためじゃないだろうか。 なんか何が言いたかったのか自分でも分からなくなってきたけど、とりあえず日本が中国になりそうになったら、俺は北欧に移住します。(なんか北欧ってエロそうだから)

ドライアイス


昭和を代表する論客のひとり、劇作家の福田恆存さんは「ドライアイス」に例えられたことがある。
「冷たいが、触れると火傷をする」と

冷たく醒めた論理のうちに烈火の情熱を蔵した精神を述べたものだろう。
烈火がなけらば他国に侮られて国益を損なう。烈火のみでは近隣の迷惑者にすぎない。外国の要諦にも通じよう

日本海に浮かぶ日本固有の領土、竹島を巡って日韓両国の間に緊張が高い。
海上保安庁が予定する海洋調査に対し、島の領有権を主張する韓国政府が猛反発し、
「断固たる対応をとる」と調査の中止を求めている

「断固たる対応」とはなんだろう。測量船の拿捕を目指すなら、公海上の公船拿捕を禁じた国連海洋条約に違反する。
烈火に頭がのぼせやすいお国柄とはいえ、国際法に触れて冷たい火傷を負う愚はよもや犯すまい

韓国は竹島を実効支配している。国際法破りはそれが「不法占拠」で告白することに等しい。
激情に駆られて告白するか。和解の道を探り、こぶしはみだりに振り上げるものではないことを学ぶか。
韓国政府はいずれかを選ばねばならない。

差し当たり、緊張の高波に舵を取る日本政府丸が携帯すべき品々は分かっている。
国際法を右手に、対話を重んじる自制心を左手に、胸には領土を守る心を。ドライアイスである。

「読売新聞 4月20日 編集手帳より」

ちょい遅いけど、いい記事なので。ってみんな知ってるか。

福原アイも憂鬱(たぶん)


アニメ録画失敗…テレ東に人骨と抗議文

 テレビ東京(東京都港区)に、骨のようなものと抗議文などが入った小包が送り付けられていたことが10日、分かった。骨は火葬された人骨の一部とみられ、ポリ袋に入れられていたという。警視庁愛宕署は悪質ないたずらとみて調べている。

 同署とテレビ東京によると、小包は横浜市内の消印で、8日に届いた。抗議文はすべてカタカナの手書き。4月26日に世界卓球選手権の放送時間が延長されたため、見たいアニメ番組の録画ができなかったという内容だったという。番組は「いぬかみっ!」とみられ、卓球の放送が30分延長となったため、深夜1時からの放送予定が、深夜1時半からとなっていた。

 世界卓球選手権はドイツで開かれ、福原愛らが日本代表として出場し、銅メダルを獲得した。4月26日は日本がシンガポールを下して準々決勝進出を決めた試合だった。(スポニチ)

アニヲタこえー。ていうかこれハルヒじゃないの?これで人気出たら『人骨効果』だよね。

シャレになんないよ Funny Boy


毎日新聞 6万人情報流出「シャレ」ウイルス感染

shareninannai.jpg

 毎日新聞社は二十七日、読者約六万六千人分の個人情報がネット上に流出したと発表した。「ウィニー」とは別のファイル交換ソフト「Share(シャレ)」によってウイルス感染した影響とみられる。
「Share」による大規模な情報流出は初めて。毎日新聞では、「サイバーテロ取材班」を立ち上げるなどして、ファイル交換ソフトによる個人情報流出問題の報道に力を入れている背景もあり、同社販売局は「今のところ二次被害は確認されていないが、すべての会員に連絡を取っておわびしたい」と陳謝している。

 同社によると、流出したのは、関係会社「毎日開発センター」が運営していた会員組織「毎日フレンド」に入会する六万五千六百九十人分の読者会員の氏名、住所、電話番号、生年月日、趣味などが記載された名簿。毎日フレンドは、東日本地域の読者を中心に、希望者を登録していた。

 このほか、同社東京本社管内にある約二千二百軒の販売店に関する情報や、センター社員のものとみられる給与明細や出勤簿、新聞拡張成績とみられる表などもあった。

 同センター社員(26)が自宅の個人パソコンで作業するためデータを持ち帰り、そのデータがファイル交換ソフトを通じて流出したとみられる。

 男性社員は、個人パソコンにウィニーとShareをインストールしていた。ウイルス対策ソフト大手「トレンドマイクロ」によると、Shareのウイルスは今年一月ごろから確認されているが、大規模な個人情報流出は初めてという。

 毎日新聞社では、関係会社も含め個人情報保護について内規を設けており、ファイル交換ソフトについては今春から使用を禁止していた。

 一方で、最近では「サイバーテロ取材班」を結成し、ファイル交換ソフトによる個人情報流出問題の報道に力を入れていた。

 今回の情報流出については、同取材班が二十六日夕、インターネットの掲示板の書き込みなどで知り、流出したファイルをネット上で発見したという。

【用語解説】Share
 ウィニーと同様、パソコンの使用者同士がネットを通じて、音楽や映画などのファイルを交換できるソフト。著作権法違反容疑でウィニーの作者と使用者の逮捕が相次いだことから乗り換える人が増えた。ウイルスに感染すると、自分の意図していないファイルまで流出してしまう。(産経新聞)

本気の間違いって笑えないね。

マルチャン


日本の即席ラーメン「マルちゃん」メキシコで国家的人気

akaikitsune.gif

 日本の即席ラーメン「マルちゃん」がメキシコで国家的規模の人気食品になり、メキシコの伝統料理が危機にひんしている−。こんな記事を二十一日付の米ロサンゼルス・タイムズ紙が一面で紹介した。メキシコでは「マルちゃん」という単語が「簡単にできる」「すぐできる」という意味で使われるという。

 記事は「メキシコで昨年約十億食の即席ラーメンが売れた。一九九九年の約三倍で、うち『マルちゃん』は85%の市場占有率を誇る」と説明。人気の秘密を「メキシコの全労働者の約六割は平均日給が十三ドル(約千四百円)以下。しかし『マルちゃん』は約四十セント(約五十円)と手ごろで、簡単に作れ、冷凍の必要もない」と分析している。

 一方、「『マルちゃん』は豆や米を使うメキシコの伝統料理に取って代わる勢いだ。われわれはメキシコの食文化を守らねばならない」(メキシコ文化芸術審議会のメンバー)という危機感に満ちた発言や肥満、糖尿病などを懸念する栄養士らの声も紹介している。

 「マルちゃん」ブランドを展開する東洋水産(本社・東京)は米現地法人「マルチャン・インク」を一九七二年、カリフォルニア州ロサンゼルス郊外に設立、北米、メキシコに出荷している。

 同社は「先日もメキシコの新聞が、審議を早々と打ち切った議会を『議会がマルちゃんした』と記事にした。いまや動詞として使われるようだ」と話している。(産経新聞)

メキシコテラヤバス!!!!!!
グランドワロスwwwwwwww

タコスだって手軽に食えるだろうに。

<参考リンク>
東洋水産株式会社