アガシが僕らにくれたもの


agassi2.jpg 全米オープン、ベンジャミン・ベッカーに破れたアガシがついに引退した。ずっと前から決まっていたこととはいえ、いざ事実を突きつけられると涙が出そうだ。初めてアガシを見たのは1992年のウィンブルドン決勝だったと思う。それまで全くテニスの知識はなかったにもかかわらず、度々相手選手(今なら分かるけどイワニセビッチ)が走る方向とは逆にショットを打ち返す金髪の男に目が釘付けになった。テレビで見てても見失うような速さのサーブを、体勢を崩しながらも相手コートのライン上に叩き返すショットは魔法のようだった。実際このウィンブルドンあたりからがアガシ全盛期の始まりだったと思うけど、もしもこの頃偶然にでもアガシの試合を見たことがある人は、みんな少なからずテニスに興味を持ったんじゃないだろうか。マッケンロー、ベッカー、ボルグなど、テニスの歴史で伝説と言われる選手はたくさんいる。そんなプレーヤーたちの全盛期の実力を比べれば、もしかしたらアガシはそんなに上位じゃないかもしれない。でも一番面白いゲームをするのは誰かと尋ねられたら、テニスファンならきっとアガシだと答えるはずだ。ベッカー以降ビッグサーバーがランキング上位を占めていた当時のテニス界で、彼らの高速サーブをさらに速いリターンで次々打ち返してエースを取ってゆく姿は爽快以外の何物でもなかった。革命と言ってもいい。とにかくどんな速いサーブを打っても通じないので、たまらずネットに出てくればエンドラインギリギリにトップスピンロブ、ベースラインで打ち合おうとしてもジリジリとコートの外に追い出されてドロップを落とされる、そんな多彩なショットに夢中になった。テニスの面白さを教えてくれたのは間違いなくアガシだった。あの頃アガシのゲームに出会わなければ二十歳すぎてテニスなんて始めてないだろうし、テニスの試合自体見ていないかもしれない。本気でお礼の手紙でも書きたい気分だ。 アガシが引退したということだけじゃなく、今年はここ数年の節目になるような気がする。まず注目したいのがナダルの強さ。フェデラーは確かに強いし、歴史上最強の選手かもしれない。でも去年からのナダルの成長を見ていると、この先1年ぐらいでランキング1位と2位が交代するんじゃないかという予感がする。あんまり好きな選手じゃないけど、あの脚力とスタミナは驚異的だ。そしてそんなあんまり好きじゃないナダルを個人的に倒して欲しいのは、キプロス出身のバグダティス。速いサーブとベースラインで打ち合う正確なストローク、ドロップやロブを多用するプレースタイルは見てて飽きない。 というわけで、誰かアガシのラストゲームとその前のバグダティス戦を録画してる人いたら貸してください。デジタル画質だったりすると最高です。お礼に飯おごります。これはほんとにマジなんでお願いします。
  • もと

    すごくいい文章だったのに

    ______________________________________________________
    エントリーの内容に関係あったりなかったりする本が勝手に出ます

    アガシ―韓国美女紀行
    ひきしまったスタイル、美豊乳…13人のソウル美女がここまで見せる恥じらいの大胆ヌードを独り占め。
    ______________________________________________________

    or2

  • もと

    すごくいい文章だったのに

    ______________________________________________________
    エントリーの内容に関係あったりなかったりする本が勝手に出ます

    アガシ―韓国美女紀行
    ひきしまったスタイル、美豊乳…13人のソウル美女がここまで見せる恥じらいの大胆ヌードを独り占め。
    ______________________________________________________

    or2

  • しんのすけ

    なんか若い娘さんのことを韓国語でアガシーって言うらしいニダ。
    文章書いたあとに「何が出るかなー」って確認したから知ってたんだけど、
    文章にアガシって入ってるからもうしょうがないよね。

  • しんのすけ

    なんか若い娘さんのことを韓国語でアガシーって言うらしいニダ。
    文章書いたあとに「何が出るかなー」って確認したから知ってたんだけど、
    文章にアガシって入ってるからもうしょうがないよね。