素晴らしいマンガ作品が汚される消費社会


なんか最近マンガ原作の映画やドラマが多すぎじゃないですか?昔は好きなマンガが映画化したりすると、その出来不出来に関わらず「自分の好きな作品が公に認められた」気がして嬉しく感じたりもしてましたが、今はちょっと違いますよね。そんなの昨日今日始まったことでもないのになんで今さらこんなこと言うかっていうと、『ミヨリの森』を見たからです。実際見るまではジブリ製作って聞いてたから全然期待してなかったし、むしろ多くの人に知られることで本が売れたりして小田ひで次が潤えばいいなぁぐらいの感覚だったんです。才能がある人はその才能に見合った対価を享受するべきだと思ってるので。でもね、いくらなんでもあれはひどすぎるわ。あれじゃあ小田ひで次がジブリのパクリマンガ描いてる人だと思われてしまう。大体なんでジブリはいつも原作の良いところをわざわざ改悪するのか。今回の『ミヨリの森』で一番ひどかったのはおばあちゃん。あれじゃ普通の田舎のばあさんじゃん。それと話題づくりなのかもしれないけど、アナウンサーやタレントに声優やらせるのとか痛すぎる。山ちゃんも怒ってます。馬鹿にも分かるように作ったら逆に訳分かんなくなってるアニメ版を見てあんまり面白くないと思った人は、ぜひ原作の方を読んでみて欲しい。マンガなんて所詮エンターテイメントだし、難解だからこそ素晴らしいなんて微塵も思ってないけど、マンガでも映画でも音楽でも、やっぱりある一定の水準を超えてる作品は、誰にでもは理解できなくて当然だと思う。最近のテレビや映画は馬鹿に合わせて作ってるものが多すぎる気がする。今やってるドラマなんて、たとえ全話見ても何も得られないと断言できる。 『夕凪の街 桜の国』 と『天然コケッコー』を見に行こうかと思ってたけど、『ミヨリの森』見たらなんか怖くなってきたなぁ。『天然コケッコー』はくらもちふさこがほめてたから大丈夫だとは思うけど、『夕凪の街 桜の国』は絶対駄作にしちゃいけない作品だからなぁ。あー不安だ。
  • もと

    ドラマ前提で始まっている感じがする漫画増えてきてますよね。

    漫画を描くのってやっぱ常にイレギュラー(うまく表現できないなー)なことで。でもどうしても描くしかない!って人しか書いてなかった気がするけど、最近漫画でも描きますか!って感じの漫画多くてホントムカつく。

    漫画なんてコンプレックスから染み出てきた妄想、形にしてなんぼでしょう!つー話。
    この辺のことは文章にするのは無理だからナンシー関は本当に死んでしまってはいけない人だったと思います。

  • http://blog.peccho.com しんのすけ

    そこでナンシー関ですよ。みたいな話だな。
    「働きマン」もドラマ化するらしいよ。松方役が菅野美穂だって。ねーわ。

  • niesan

    俺、TVで初めてみよりの森見たけど、全然感化されなかった。

    このエントリーを見て、原作を読もうと思ったので、読みます。

    借りるのもいいけど、買ってこその部分もあるから。

  • http://blog.peccho.com しんのすけ

    なんなら今度もってくよ。
    初めて小田ひで次を読むなら「クーの世界」から入るのがオススメ。

  • masatoku

    あ。天コケは原作ファンにこそおすすめですよ。
    私は明日二回目を見に行きますw

  • http://blog.peccho.com しんのすけ

    「天然コケッコー」良いらしいですね。
    信頼できる人がみんなほめてるんで、これは安心して見れそうです。
    こないだ「夕凪の街 桜の国」見て来ましたけど、こちらは正直
    ちょっと微妙でした・・・。