秒速5センチメートル


秒速5センチメートル 通常版 「泣ける映画が必ずしも良い映画じゃない」とは『子ぎつねヘレン』を見て号泣してしまった爆笑問題太田の言葉だが、この作品を見終わった時、「ああ、これがそうか」とすぐに思い出した。全く涙は出なかった。ただ心が締めつけられるような痛み、速くなった鼓動、目の前にモヤがかかったような感覚だけが残った。そしてそれらが落ち着いた時、最初に感じたのは、新海誠への愛情にも似た憧れとある種の親近感だった。この作品に限らず新海が度々批判の対象になるのは、見る側の中にかなりの割合でこの親近感を感じられない人間が存在することが原因だと思う。逆に一部の人々が彼を絶賛するのもまた、親近感が全てだと言っていいだろう。おそらくこの作品には「まあまあ良かった」という評価はないはずだ。境界線のこちら側で見ることができるか、あちら側から傍観するかで全く違った感じ方になると思う。心の隅に、かすかに、しかしいつまでも残っている何かを無理矢理映像にしたような性質の作品であるため、少し説明不足にも思えるが、この説明できていない部分は、きっと作った新海にも分からないのではないだろうか。そしてその説明できない『何か』とはおそらく、ものすごく恥ずかしい、誰にも見られたくない類の感情だ。そう考えてやっと、作品を見た後に残った新海への親近感の正体は、断片的とはいえ自身の生々しい感情を日本中に公開した勇敢さへの尊敬と、自分の中にも説明できない『何か』があることに気づいた共有感覚なのだと気づいた。ストーリーはリアリティに欠ける部分もあるが、では現実ではどうなるべきなのか、見終わって感じた共有感覚を頼りに記憶の糸をたぐり寄せてみても、なぜか何も引っかかるものがなくて驚く。経験もないのにそんな気になっていたのか、すっかり忘れてしまっているだけなのかは分からないが、それを思い出すには自分は大人になりすぎてしまったのだと気づいて、また胸が締めつけられる。きっとこの作品を素晴らしいものとして受け取ることができるのは、新海と同世代か、精神年齢の近い人間だけなのだろう。若すぎればモヤモヤした『何か』はすぐ目の前にあるし、歳をとりすぎれば色々なものを忘れ去ってしまう。今の新海誠が、今の自分に絶妙のタイミングでこの作品を届けてくれた事をとても幸せに思います。 ※雑文ばかり書いてると馬鹿になりそうなので、アマゾンのレビュー用に真面目に書いてみました。深夜の無敵感(突然ラブレター書いたり変なポエムを綴ってしまうアレです)を借りてけっこうがんばったのに、後で他の読んだら中学生のレビューの方がぶっちぎりで文章が上手くて泣けた。・・・恐ろしい子!
  • エイジ

    たしかにこれは青春モノ好きにとって踏み絵とも言える作品だったな。好き!泣けた!っていうのもなんか違う気がしていたんだけど、そうか「親近感」だったかー。この作品に共感できるのは良くも悪くも童貞をこじらせちゃった人だけなんだと思う。

  • エイジ

    たしかにこれは青春モノ好きにとって踏み絵とも言える作品だったな。好き!泣けた!っていうのもなんか違う気がしていたんだけど、そうか「親近感」だったかー。この作品に共感できるのは良くも悪くも童貞をこじらせちゃった人だけなんだと思う。

  • http://blog.peccho.com/ しんのすけ

    そうそう、好きって言う人はみんな「これ作った人まるで俺じゃん・・・」って心のどこかで感じたんじゃないかなと。基本的には伊集院光のラジオを面白いって感じるのと同じアンテナで受信してるはず。エイジの言う通り童貞こじらせ系の映画だから、なんとなく「これ好き!」って言うのがなんか恥ずかしいような空気もあるよな。新海を嫌いだって人の中には、無意識に同族嫌悪してるだけの奴とかもいそうだ。

    しかし中学生のレビュー、出だしの3行が何度読んでも胸に響くぜ。ほんとに中学生かどうかなんて分からんが。

  • http://blog.peccho.com しんのすけ

    そうそう、好きって言う人はみんな「これ作った人まるで俺じゃん・・・」って心のどこかで感じたんじゃないかなと。基本的には伊集院光のラジオを面白いって感じるのと同じアンテナで受信してるはず。エイジの言う通り童貞こじらせ系の映画だから、なんとなく「これ好き!」って言うのがなんか恥ずかしいような空気もあるよな。新海を嫌いだって人の中には、無意識に同族嫌悪してるだけの奴とかもいそうだ。

    しかし中学生のレビュー、出だしの3行が何度読んでも胸に響くぜ。ほんとに中学生かどうかなんて分からんが。

  • ハッシー

    やっと観ました。
    まさに「童貞こじらせ系」と言うジャンル。
    この前僕が感想書いてて引かれたスクイズも敢えて言うなら童貞こじらせ系。
    もちろんこちらは解釈もまったく違うものだし、切ないけれどこれはこれでバッドエンドとは言えない。
    むしろ大人目線ではグッドエンド。
    幸か不幸か僕にとってこのアニメは同じ周波数で観、感じる事はなかったんだけど、中学生のレビューよろしく大人になるって事をすんげぇ遠回しに、だらしなく、少しずるく、少し投げやりに感じる層には鋭利なのかもしれません。

  • ハッシー

    やっと観ました。
    まさに「童貞こじらせ系」と言うジャンル。
    この前僕が感想書いてて引かれたスクイズも敢えて言うなら童貞こじらせ系。
    もちろんこちらは解釈もまったく違うものだし、切ないけれどこれはこれでバッドエンドとは言えない。
    むしろ大人目線ではグッドエンド。
    幸か不幸か僕にとってこのアニメは同じ周波数で観、感じる事はなかったんだけど、中学生のレビューよろしく大人になるって事をすんげぇ遠回しに、だらしなく、少しずるく、少し投げやりに感じる層には鋭利なのかもしれません。

  • http://blog.peccho.com/ しんのすけ

    あー、やっぱ思った通りの感想だな。ハッシーはきっとそう言うと思ったよ。
    なんかオタクの細分化を軽く感じるな。
    しかしいくら同じ系統と言われても、さすがにエロゲ原作のアニメはちょっと・・・。
    まー俺も本来はもっと分かり易いハッピーエンドが好きです。エウレカみたいな。

  • http://blog.peccho.com しんのすけ

    あー、やっぱ思った通りの感想だな。ハッシーはきっとそう言うと思ったよ。
    なんかオタクの細分化を軽く感じるな。
    しかしいくら同じ系統と言われても、さすがにエロゲ原作のアニメはちょっと・・・。
    まー俺も本来はもっと分かり易いハッピーエンドが好きです。エウレカみたいな。

  • ハッシー

    このアニメをハッピーエンドととらえられない人ってのは本気でこじらせた人なんでしょう。
    別に僕はどっちでもいいんですけど、こじらせようがこじらせまいが。
    やっぱり「このアニメに同調」→「童貞こじらせた」→「それはちょっと恥ずかしい」→「新海には賛同できない」になるパターンってのは既に出てるように意外と多いかな?と思います。

    >オタクの細分化
    そのうちハードコアから各種派生したように、色々新しい用語が今後もできていくんでしょうね。
    「エモアニ」とか「J-Ani」とか。
    「君は、アレだね、非童貞系エロアニ派の亜種だね」とか言われたら恥ずかしいですね。

  • ハッシー

    このアニメをハッピーエンドととらえられない人ってのは本気でこじらせた人なんでしょう。
    別に僕はどっちでもいいんですけど、こじらせようがこじらせまいが。
    やっぱり「このアニメに同調」→「童貞こじらせた」→「それはちょっと恥ずかしい」→「新海には賛同できない」になるパターンってのは既に出てるように意外と多いかな?と思います。

    >オタクの細分化
    そのうちハードコアから各種派生したように、色々新しい用語が今後もできていくんでしょうね。
    「エモアニ」とか「J-Ani」とか。
    「君は、アレだね、非童貞系エロアニ派の亜種だね」とか言われたら恥ずかしいですね。

  • http://blog.peccho.com/ しんのすけ

    ハッピーエンドはハッピーエンドだよな。ラストシーンでちゃんと吹っ切れた感じの描写あるし。
    あれが無かったら悲惨だし、そもそもすんげえつまんないと思う。

    >「君は、アレだね、非童貞系エロアニ派の亜種だね」

    セカイ系網エヴァ目萌え路線移行科ハルヒ属とか、作品系列でなら分類できそうで恐い。
    一瞬ちょいかっこいいと感じた俺は病気がずいぶん進行してるようだ・・・。

  • http://blog.peccho.com しんのすけ

    ハッピーエンドはハッピーエンドだよな。ラストシーンでちゃんと吹っ切れた感じの描写あるし。
    あれが無かったら悲惨だし、そもそもすんげえつまんないと思う。

    >「君は、アレだね、非童貞系エロアニ派の亜種だね」

    セカイ系網エヴァ目萌え路線移行科ハルヒ属とか、作品系列でなら分類できそうで恐い。
    一瞬ちょいかっこいいと感じた俺は病気がずいぶん進行してるようだ・・・。