カテゴリー別アーカイブ: No Music, No Life

FOE@福山サーカス・サーカス


2/15(日)福山のサーカスサーカスにて、知り合いのバンドが主催でイベントやります。FOEとHONESTY呼ぶそうなんで、近所の方は友達誘って行ってあげてください。アイゴンのモズライト鬼ギターとブッチャーズこまっちゃんのシングルヘッドドラムが楽しみです。とりあえず余ってるスネアのヘッド持ってって、こまっちゃんにサインもらう予定。 当日は力仕事担当で昼から駆り出されるんで「一緒に行こう」とか誘われても無理なんでご了承ください。今回は積極的に打ち上げにも参加してみようかと計画中。酒飲めないけど。 あーでも新しいアルバム聞いてないんだよね。まあとりあえず名曲「ルル」が聞けたらそれでいいや。

最近のヘビロテ


2つ前のエントリでオサレ音楽なんぞはスネアでぶっ殺すみたいな事言ってるけど、最近のヘビロテはBOO『POST SOULMAN』です。すげえポジティブなポップアルバム。 この人なんでBOOっていうんだろ?太ってるから?そりゃたしかに太ってはいるが、それだけで安易にブーなんて名前付けるもんかな?もしかして太ってるうえに名字が高木なんじゃなかろうか?それなら十分に納得できるというものだ。うんそうだ、そうに違いない。 しかしキムタコが硬質ゴムで人様の前歯をヘシ折ったってのに、テレビ媒体は全く報道しないね。ジャニーズこえー。

悪いひとたち


やっぱドラマーといえば中村達也だろ。と、2連続断定エントリ。 実際にライブ見た事ある奴なら、あの圧倒的な無敵感は一生忘れられないはず。まあムラのある人だから毎回が最高のライブってわけじゃなくて、むしろダメな時も結構あるみたいだけど、俺が見たのはブランキー解散ツアーの地方公演とファイナルの横浜アリーナだったんで、そりゃあもうありえなかった。特に横アリでの「悪いひとたち」はまさにドラムの神が降りてきてた感じ。ほんと神懸かってた。ちょい恥ずかしいけど、魂が揺さぶられる感じっていうのは後にも先にもあれだけだと思う。 テクニックだけなら当然もっと上手い奴はアマにだって一杯いるけど、なんつーか、1発叩いただけでその場の空気を張り詰めさせる力みたいなのが中村達也のドラムにはあるわけですよ。あの感覚は世界中探しても達也だけのものじゃないだろうか。だから日本一好きなドラマーは?って聞かれたら中村達也って答えるし、世界一好きなドラマーは?って聞かれても、やっぱ迷わず中村達也なわけです。 そこらへんのハイハット裏打ちオサレドラマーや、うるさいだけのブラストドラマーなんか全員スネア1発でぶっ殺す勢い。実際顔もちょい恐いし。あと中村達也って字面もいいじゃん。毛筆で書いてもバランスいい。

新しいことを試みる俺の心を見る人は誰かいないのか


B00005V4AR.jpg shing02やっぱサイコー。説教臭さをきちんと音楽として昇華させてる。こういうのがある程度売れると「HIPHOPの人=アホっぽい」という世の中の一般的な図式が無くなる気がする。ワケわからん日本のHIPHOPをワケわからん兄ちゃんたちが聞いてるけど、shing02MUROだけは別格だな。 来年ぐらいにアルバム出ねーかなー。

鍵盤


B0000C4GLP.jpg ハービーハンコックみたいなジャズもいいけど、やっぱり鍵盤は弾き語りにかぎる。ジェリーリーもいいけど、やっぱり弾き語りは日本語にかぎる。 次の更新は来年かと思いきや、どうにも左側が隙間だらけなのが許せないんで(A型思考)とりあえずもう1つぐらい書いてみる。 ピアノの弾き語りっていうのは、なんか知らんがグっとくる。たぶんギターとかよりも音に強弱がつきやすい(というか強弱がついて聞こえやすい)から、感情の起伏が伝わってくるんかな。こないだまでずっとISBN:B000084TPD>リクオ聞いてたけど、最近は小谷美紗子聞いてます。初期の曲は恥ずかしいぐらい説教臭くて超つまんねーけど、中期以降は肩の力が多少抜けた感じ。そのうえ新しく組んだバンドのメンバーが田渕ひさ子(bloodthirthty buchers)/玉田豊夢(100s)/二宮友和(eastern youth)/池田貴史(SUPER BUTTER DOG/100s)だって聞いて震撼した。もう全米が震撼した。しかもやってる曲はビルウィザーズやプリテンダーズのカヴァーとなると、もう聞くしかねぇ。やるなら今しかねぇ。 そんなわけでこのごろはピアノっぽい曲ばっか聞いてます。あー、俺も弾いてみてーなー。(ホワワ〜ン)